何となくだけどちょっと読んだら 囚われる因子を秘める最近のマンガ

最近の戯画は、がっつり読み進めなくとも、ちょっとだけ読んだら世界観がわかり、なんらかの影響を与えるものが多いです。

例えばコスプレーヤーの間で人思いな「都内喰種」の金木さん、多くの女性の方達レイヤーが旦那の人まねしたくなるわけものすごく戯画読んでわかりました。

金木さんのグールとして時に人間としての切歯扼腕 そして覚醒してしまったあの場面、その細かい叙述が 金木さんのコスプレーヤーくんは無理強いわかってらっしゃると思います。だから金木さん風に変貌したくなるはずです。

駄菓子菓子という戯画は駄菓子をこんなにも面白く紹介するなんてフレッシュすぎてびっくりしました。
主人公に若いマミーを起用することにより思い出深い駄菓子の感覚と大きなギャップがうまれ そこがまた読みたくなる感性がアップするのです。

テラフォーマーという火星に大量に現れたゴキブリ人間場合を退治する戯画があります。
これははじめ巻の主人公の小吉が2巻でいきなり40料金になってるのも不思議です。

さらに人間を虫の特色を植え付けた科学の力で強化めちゃくちゃ人を築き上げる理念には尊敬しました。

蜘蛛、蜂、蟻などの詳しい叙述まで戯画内でされており、昆虫に関する作品者の精巧さは 素晴らしいです。

そしてゴキブリの進化した技法叡知や勢力も、エグいけど なぜかそそられるし、何巻でも 読みたくなる不思議なパワーを持っている戯画だ。
スレンダーマッチョプラス|悪い口コミは?また効果はあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です