私の片思いで付き合った彼氏について

自分は4才年下の人間と付き合っていました。コンタクトは主人が私のアルバイト先に入社してきたことです。年末日の忘年会前に主人の方から「お酒飲みたいなら送迎行なうよ、未成年なんで」と誘われたんです。お酒を呑みたかった自分は、マグレ!と願い主人に送り迎えを頼みました。忘年会当日、主人とはたまたま催事が横になりこの時初めて隠し立ての話をしました。意外にも戯画が歓迎という共通の趣味があり、それがきっかけで仲良くなりました。忘年会の事後、2人間だけでカラオケに赴き戯画だけでなく過去のロマンスや商いのことなどたくさん話をして、一気に移動が縮まりました。この時、私のの間で主人の陣営が大変大きくなり気になる陣営となりました。その日先、会社の人間には内緒で2人間で逢うようになりました。周囲に黙っていたのは双方みたいしようと決めた訳ではなく、自然とそうなっただけだ。何度もデートをしましたが、主人は私のことを会社の達人としか見ていないことはわかっていたので諦めていたんです。それでも、付き合えなくても気持ちは伝えようとたまたま電話していたら伝えました。結果は「9割乏しい」とはっきり言われてしまいました。それでも、これからもベストフレンドとして会おうと言ってくれて、後々いたたまれない関係にならなかったので良かったです。この時は本当にそう思っていました。それからも以前と変わらず2人間で会い、お互いのアパートも行き来するようになりました。ある日、主人のアパートにお邪魔したら突然「付き合ってあげてもいいですよ」と言われたんです。なんで後からです!と思いつつ、胸中のの間はハテナでいっぱいでした。なぜなら、私のことは好きじゃないけど年後と付き合ってみたいし、かわいくなくは弱い、もしかしたら好きに生まれ変われるかもしれない、と言われたからだ。そんな理由で付き合うのか、自分はそれでいいのか、とかなり不満しました。なかなか答弁をとめる自分に主人が「付き合いたいか、付き合いたくないかですよ!」と言われ「付き合いたい」と答弁をし、社交することになりました。それからは、主人のためにかなりがんばりました。少なく好きになってもらえるみたい、衣服や髪形を主人の好みに変えたり、突然会おうといわれても断らずに会いに行ったり。始めは多少のわがままも、主人が好きだから、好きになってほしいから、と我慢していました。驚愕でヘルプをくれたり、嬉しいことをいっぱいしてくれましたが、それ以上に主人のわがままがひどくなり、私も忍耐の限界になってきました。彼ではなく都合のいい女房にされていると感じたんです。原則、主人は私のことを好きになれず、自分は主人のわがままに耐え切れず離れることになりました。主人と付き合ったわけはあったのか、付き合わなければ良かったのでは、と今は後悔していらっしゃる。メルパラより熱い?俺が出会いまくっている神的出会い系アプリ3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です